睡眠外来

ぐっすり眠りたい・・・
昼間の眠気をなんとかしたい・・・

こんなつらい症状はありませんか?良い睡眠がとれない状態を睡眠障害といいます。
睡眠障害には主に下記のような症状があります。

睡眠時無呼吸症候群症
  • 大きなイビキがある
  • 息が止まる
  • ぐっすり眠れない
  • 夜中に何度かトイレへ行く
  • 日中眠い
過眠症(ナルコレプシー・特発性過眠症など)
  • 充分寝ているのに日中眠い
  • 日中の居眠りを我慢出来ない
  • 大事な場面(会議や試験など)で寝てしまう
  • 感情が昂ぶると身体の力が抜ける
  • 寝入りばなに金縛りにあう
  • 昼寝をすると1時間以上寝てしまう
不眠症
  • 眠りたいのに寝つけない
  • 夜中目が覚める
  • ぐっすり眠れない
  • 早朝に目が覚めてしまう
むずむず脚症候群
  • 足がむずむずして眠れない
  • 足を動かすと不快感が軽減する
  • 寝ている間に脚がぴくぴく動く
  • 夕方から夜にかけ休息中に脚の不快症状がひどくなる
睡眠時随伴症
  • 寝ていて大声を出したり体を動かす
  • 寝ていて暴れたりする
  • 起きだして歩き回る(寝ぼけ)
  • 夜中に突然泣き叫ぶ
  • 寝言、歯ぎしりをする

睡眠の質が悪くなると・・・

  • 日中の眠気
    (集中力の低下や居眠りが仕事や学業に支障が出る。居眠り運転を起こす。)
  • 睡眠時無呼吸症候群
    (夜間の酸欠状態が高血圧・心疾患を、慢性不眠症が糖尿病にかかりやすくなる。)
  • 睡眠不足
    (免疫力が低下する。体や脳の疲労が取れない状態が続くため、うつ状態になりやすい。)
といった症状が出る可能性が高くなります。

重 要

子供も睡眠不足や睡眠障害が続くと大人と同じような疾患にかかりやすくなります。
睡眠不足により集中困難や学習能力の低下が見られます。


 

睡眠検査の種類

当院は睡眠検査や睡眠障害の治療を行っています。

睡眠ポリグラフ検査(PSG)

睡眠の状態を調べるために、一晩入院していただき検査をします。
脳波・眼の動き・頤筋電図・心電図・イビキ・呼吸・脚・血中酸素飽和度などのセンサーを身体に取り付けて眠ります。痛みはありません。

※写真提供:フィリップス・レスピロニクス合同会社

反復睡眠潜時検査(MSLT)

日中の眠気の程度を客観的に評価します。
通常PSGの後に続けて日中に行います。
2時間毎に5回ベッドで横になって眠ります。

覚醒維検査(MWT)

日中に覚醒を維持出来るかを調べる検査です。
薄暗い部屋で座椅子に座り起きていられるかを評価します。
2時間毎に4回、40分記録をします。

アクチグラフ検査

睡眠と覚醒の状態を腕時計のような機械を手首につけて検査します。
1日の活動量を測定し、睡眠・覚醒のリズムを把握します。
通常1~2週間装着し記録をします。

アプノモニター検査

呼吸と血中酸素飽和度のセンサーを身体に取り付けて、睡眠中の呼吸の状態を検査します。
自宅で検査可能ですが、結果によってはPSG検査が必要になります。

 

睡眠検査の料金

保険割合によって料金が異なります。

検査の種類 3割負担 2割負担 1割負担 3歳~6歳 3歳未満
睡眠ポリグラフ検査
(PSG)
17,070円 11,380円 5,690円 15,500円 18,080円
反復睡眠潜時検査
(MSLT)
20,190円 13,460円 6,730円
アプノモニター検査
(簡易モニター)
2,700円 1,800円 900円
アクチグラム 4,320円(全額自己負担)

 

治療内容

経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療です。
機械で鼻から空気を送り込み、塞がった起動(空気の通り道)をその圧力で開くことで、無呼吸を防ぎます。
自宅にて睡眠時にマスクを装着して治療します。
CPAP治療を行った患者さんは明らかに長生きできたなど、多くの研究によって、また当院の10年以上に渡る研究・統計からも睡眠時無呼吸症候群に対するCPAPの効果が証明されています。


※写真提供:フィリップス・レスピロニクス合同会社
マウスピース(PMA)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療で、比較的軽度な症状に効果的です。
PMAを睡眠時に装着することであごを前に出し空気の通り道を開いた状態にします。
歯科で作製します。

外科的治療

耳鼻咽喉科における手術で、SASの原因が扁桃肥大や長い口蓋垂にある場合に行います。
小児のSASの原因の多くは扁桃肥大やアデノイドによるもので、摘出により改善する場合が多くみられます。
専門病院をご紹介します。

認知行動療法

不眠症治療のひとつです。
間違った睡眠の知識や生活習慣、認知(ものの考え方や受け取り方)を見直し、不眠症状を緩和します。

薬物療法

睡眠障害の症状にあったお薬を医師が処方します。