比嘉 聡 先生

higa比嘉 聡(ひが さとし) 先生 

牧港中央病院副院長(循環器内科 不整脈・心不全治療部門統括責任者)

 
  

略歴     
琉球大学大学院医学研究科卒業。不整脈の根治療法である高周波カテーテルアブレーションのスペシャリスト。不整脈治療の世界的権威であるProfessor Shih-Ann Chenに日本人として初めて師事。不整脈の革新的診断法であるノンコンタクトマッピング法を日本に初めて導入。琉球大学医学部附属病院専門研修センターコース統括責任者(カテーテルアブレーション/特殊ペースメーカー挿入術ベーシック/アドバンスト修練コース)を経て牧港中央病院副院長、不整脈・心不全治療部門統括責任者となる。これまでアジア諸国、ヨーロッパなどの国際シンポジウムで不整脈治療のエキスパートを対象に多数の招待講演・指導を行っている。医学博士、日本内科学会認定内科医、日本循環器学会専門医、植込み型除細動器(ICD)/両心室ペースメーカー挿入術(CRTD)研修セミナー終了、日本不整脈学会・日本心電学会・米国ハートリズム学会正会員、アジアパシフィックハートリズム学会役員などを兼任。NPO法人日本ICDの会顧問、沖縄県国民健康保険診療報酬審査委員会委員 
     
            診察日 毎週木曜日午後