卒煙サポート外来

―応援します!あなたのヘルシーライフ―

卒煙サポート外来

卒煙サポート外来とは・・

これまで、‘禁煙’と言うと一にも二にも忍耐!というイメージがありました。これは体がニコチンに依存しているため、イライラ感などが強く出てくるからです。最近これらの症状を軽く抑えてくれる禁煙グッズ(禁煙ガム・ニコチンパッチ)が登場しています。


この機会にタバコ(喫煙習慣)から卒業しませんか?


“卒煙サポート外来”では、そんなあなたのお手伝いを致します。


2回目、3回目のチャレンジャーも歓迎します。


どうぞお気軽にご相談ください。


※保険適応の禁煙外来は前回受診日より1年以上経過してからの再挑戦になります。


喫煙による健康障害>>


受動喫煙

タバコ1本あたりの有害成分の量は副流煙(タバコの先から出る煙)の方が主流煙(フィルターを通して吸う煙)より多く、副流煙は強いアルカリ性で主流煙より粘膜刺激性が強いため、受動喫煙により死亡率・発病率増加が問題視されています。


タバコを吸わないあなたの周りでタバコを吸う人がいると、あなたの・・・

  • 心筋梗塞死亡率・・・1.3倍
  • 脳梗塞・クモ膜下出血死亡率・・・1.82倍
  • 肺癌死亡率・・・1.2倍
  • 副鼻腔癌死亡率・・・2~3倍
  • 子宮頚癌発病率・・・3~4倍

増加します。



禁煙すると体調が確実に良くなります。

例えば

○食べ物の味が良くなった
○肌がスベスベになる
○目覚めが爽やかになった
○冷え症改善
○肩こりが無くなった
○歯茎や唇の色が綺麗になる
○呼吸が楽になった
○咳・痰が止まった



禁煙すると「つもり貯金」が出来ます。(行動貯金)


うれしいことがあります 禁煙年数 タバコ代(300円×2)
・咳・痰が減る 1ヶ月 18,000円
隣席のタバコを臭く感じる 3ヶ月 54,000円
風邪をひきにくくなる
疲労感・息切れ改善 6ヶ月 108,000円
心臓病の死亡率半減 1年後 216,000円
肺癌の死亡率半減 5年後 1,152,000円
癌状態の細胞が修復される 10年後 2,304,000円
癌の確率減少 30年後 6,912,000円



禁煙外来料金表

診療費 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
保険適応
本人負担額(3割)
1,710円 1,130円 1,130円 1,130円 1,110円
保険適応外自費
(処方箋料込み)
2,100円 1,575円 1,575円 1,575円 1,575円


ニコチンパッチ代 保険適応(3割) 保険適応外自費
ニコチネルTTS30×14枚 1,980円 6,020円
ニコチネルTTS20×14枚 1,860円 5,600円
ニコチネルTTS10×14枚 1,780円 5,320円



保険適応基準

  1. ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されたものであること。
  2. 35歳以上の方は、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の者であること。
    【例_1日20本を10年間喫煙で、200になります。】
    35歳未満の方はブリンクマン指数による制限はありません。
  3. 直ちに禁煙することを希望している患者であること。
  4. 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意している者であること。


※上記に1つでも該当しない場合、診療費は自費診療となります。