喫煙による健康障害

喫煙による健康障害

たばこの煙には400以上の化学物質が含まれ、そのうち中でもタール・ニコチン・一酸化炭素はたばこの3大有害物と呼ばれています。


タールには発がん物質や発がん促進物質が含まれ、一酸化炭素には動脈硬化を促進させる作用があるといわれています。


症状としてもっとも現れ易いのが「呼吸器系」の症状で、喫煙により、慢性気管支炎・肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患の危険が増大し、肺機能検査により閉塞性障害の頻度が高い事が観察されています。そしてもう一つ、循環器系の疾患も喫煙により起こり易い疾患と言えるのではないでしょうか。喫煙することにより、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、大動脈瘤、末梢血管閉塞症(閉塞性動脈硬化、バージャー病)、脳血栓、クモ膜下出血など、全身の動脈硬化により閉塞や血塊が起こります。虚血性心疾患は喫煙だけでなく、高血圧や高脂血症が加わると危険因子は相乗的に高まります。


また女性の喫煙者になると女性の性機能にも影響します。女性の喫煙者は、非喫煙者に比べ不妊になり易く、閉経も早い為、更年期障害も早く訪れることになります。


その他に喫煙により、胃・十二指腸潰瘍、口腔粘膜の角化および色素沈着、慢性萎縮性胃炎、肝硬変、クローン病などの危険が増大します。また、歯槽膿漏や歯周炎などの歯周病になりやすくなります。この他、脳萎縮、白内障、難聴、味覚・臭覚の低下、骨粗鬆症、体液性免疫の低下、老化の促進などもみられます。


子供がたばこを早いうちから吸うことにより、ニコチン依存症になりやすく、意志が弱く喫煙しにくくなります。喫煙からやがてシンナーや覚醒剤などのドラックに興味を持ったりします。吸う年齢が早ければ早いほど、「がん」や「心臓病」などにかかりやすくなります。

 

たばこの害

ニコチンは、口のなかの粘膜から、じつに効率よく吸収され、たばこを吸って数秒以内に全身にまわります。ニコチンの少ないたばこに換えても、無意識にしっかり煙を吸って、ほとんど同じ量のニコチンを吸収しています。タ-ル(たばこのヤニ)は、ほとんど吸収されませんが、肺やのどにくっついて、ガンを引き起こします。一酸化炭素は、吸った煙の量に比例して血液中のヘモグロビンに結合し、全身の血管を細くしたり、動脈硬化の原因になるといわれています。軽いたばこに換えても一酸化炭素の量はかわりありません。


  1. たばこを吸って数秒以内に、心臓にいく血管は細くなり、狭心症や心筋梗塞の引き金になります。
  2. 血圧は10%程度、上昇します。
  3. 悪玉コレステロ-ルを増やし、動脈硬化を促進します。
  4. 朝のむかつきの大きな原因です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因になりますし再発を繰り返すもとになります。
  5. 血液に粘りが出て、血管が詰まりやすくなり、脳血栓や脳卒中がふえます。
  6. 朝のせきやたんは、たばこの煙に含まれるいろいろな粒子(ごみ)が原因です。
  7. 慢性気管支炎や気管支喘息が誘発されます。
  8. 肺ガンは、ヘビ-スモ-カ-では、非喫煙者よりはるかに高い比率で発生します。
  9. 煙に直接触れるのどやしたのガンになるのは、ほとんどがたばこを吸う人です。
  10. 肝臓ガン、大腸ガン、膀胱ガンも、たばこで増える病気です。
  11. においに鈍感になり、食べ物の味がわかりにくくなります。
  12. 肌の血流も減り、しわが増えて、肌の老化が早くなります。
  13. 子供に喘息やアトピ-があれば、まずおとうさんがたばこをやめてみるのが一番の治療法です。親が喫煙者である場合喘息は3倍になると報告されています。
  14. 妊娠したら、本人のたばこばかりでなく、夫のたばこの煙が胎児発育不全や流産の比率を高めます。
  15. 副流煙で同居する家族のガンは、1.5倍に増えます。
  16. 頑張りがきかなくなります。
  17. 肩こりが増えます。


禁煙するといいことがいっぱい

<禁煙で健康を取り戻せる!>

  1. 体調が良くなる
    咳や痰がとまる
    食べ物が美味しく食べられる
  2. 自信がもてるようになる
    喫煙に成功したことで自分自身に自信がもてるようになり、何事にも前向きな姿勢で取り組める
  3. 病気に対する危険因子がなくなる
    生活習慣病などの危険因子が減る
  4. 周囲の人にも迷惑をかけなくなる
    副流煙などによる不快感や健康への害を周囲の人に与えずにすみ、それは周りの人々の健康を気遣うことになる。

その他

  • タバコが無くても普通に生きていける
  • タバコへのこだわりから自由になった
  • 自己へのコントロールができるようになった
  • 以前に比べて気分がよい
  • ストレスに強くなった
  • 咳、痰が減った
  • 自分に自信がついた
  • 食事がおいしくなった
  • 以前より健康になった
  • 生活習慣が改善した


絶対にタバコを吸ってはいけない病気

狭心症・心筋梗塞

タバコを吸って数秒以内に、心臓に行く血管は細くなるため、狭心症や心筋梗塞の  引き金になります。


高血圧

煙の中に含まれる一酸化炭素は、吸った煙の量に比例して血液中のヘモグロビンに結合し、全身の血管を細くしたり、動脈硬化の原因になるとも言われています。また、悪玉コレステロール(LDL)を増やし、動脈硬化を促進します。


胃・十二指腸潰瘍

朝のむかつきの大きな原因です。胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因になりますし、再発を繰り返すもとになります。


脳梗塞

血液に粘りが出て、血管が詰まりやすくなり、脳血栓や脳梗塞(中風)が増えます。


喘息

慢性気管支炎や気管支喘息が誘発されます。


ガン

タール(タバコのヤニ)は、ほとんど吸収されませんが、肺や喉にくっついて、ガンを引き起こします。そのため肺ガンはヘビースモーカーでは、非喫煙者よりはるかに高い比率で発生します。また、肝臓がん、大腸ガン、膀胱ガンもタバコで増える病気です。


糖尿病

タバコを吸っているとにおいに鈍感になり、食べ物の味がわかりにくくなります。そのため知らず知らずに濃い味付けの物を口にすることになるので、糖尿病を悪化させる恐れがあります。


以上の病気があるときは、タバコは絶対にいけません。



楽々「たばこ」が止められる方法

目覚めの一服、食後の一服などたばこを吸う人にとってたばこは生活のなかのひとくぎりであるようです。そんな愛煙家の中にも「健康に良くないし、できればたばこを止めたい」と思っている方は意外と多いのではないでしょうか。ただし、禁煙を成功するのはなかなか難しいようです。たばこを止めにくくしている犯人は「ニコチン」です。

 

禁煙をしてニコチンの効き目が薄くなってくるとイライラしたり、頭痛がしたりとひとによって様々な症状が現れてきます。時間がたつにつれて消えていきますので、その間深呼吸したり、お水を飲んだりしてみると良いでしょう。

 

またたくさん吸う人ほど離脱症状が強いですから、まずはたばこを減らす「減煙」からはじめてみるのはいかがでしょう?禁煙仲間で励ましあいながら禁煙にチャレンジするのも長続きするコツです。

ここでたばこを止めてみたいという方のために禁煙の9つのポイントを紹介します。


タバコ切れの症状を乗り切る9つのポイント

1)冷たい水、熱いお茶を少しずつ飲む

中途半端な熱さや冷たさでは、効果はありません。目が覚めるほどの熱いお茶か冷たい氷水を用意して下さい。これが思いがけないほどよく効きます。禁煙をはじめてから3日間は、少しずつ、口を潤すようにのみ続けます。


2)深呼吸をする

煙がなければ、タバコは良い深呼吸です。イライラするとき、仕事が一段落したとき、この深呼吸が役立ちます。体操の深呼吸の要領で、一日に何度も深呼吸して下さい。


3)体を絶えず動かす

じっと歯を食いしばって我慢を続けるのが、一番下手な禁煙法です。体のどこかを絶えず動かして下さい。ジグソーパズル、囲碁、将棋など考え込むゲームは、手足がじっとしていることが多いためタバコを誘いますので、禁煙中は控えた方がよいでしょう。


4)場所を変える

吸いたくなったらとりあえず、場所を移動してみる。食事の後もじっと座っている方がタバコが欲しくなります。食べ終わったら席を立って下さい。


5)歯をみがく

刺激のある歯磨きで口の中をさっぱりさせる。小さめの歯ブラシに香り付け程度にごく少量の歯磨き粉を付け、力を入れずにブラッシングするのがコツです。


6)野菜を食べる

タバコをやめると、胃腸本来の働きを取り戻しますから、空腹を強く感じるのが普通です。空腹感には、煮野菜をたくさん食べて下さい。野菜にはイライラを抑える効果もありますし、便通も整えます。


7)お酒の席にご用心

禁煙を破ってまた吸いはじめる一番多いケースが、お酒の席です。アルコールは、禁煙しようと言う気持ちを弱くします。禁煙をはじめて最初の2週間は、家の外では飲まないようにしましょう。


8)煙の多い場所にゆかない

他人のタバコの煙で、タバコ欲しさが増加します。喫煙者の隣に座らない、喫煙コーナーにも近づかない。パチンコ点など煙の多い場所も避けましょう。


9)気楽な気持ちで禁煙している時間をのばしてゆく

吸えないとなると、ますます吸いたくなるのが人情ですが、「もう1分だけ、タバコを吸うのを待ってみよう」と自分に言い聞かせてみて下さい。1分たてば、不思議と吸いたい気持ちはましになります。先のことは考えず、どこまで記録を伸ばせるか、楽しむ気持ちで禁煙している時間を積み重ねて下さい。


長年の習慣を変えて、タバコを吸わない毎日という新しい習慣を身につけるには、それなりの練習時間が必要です。一回のチャレンジで禁煙できて、その後も禁煙が続けられる人は10人に1人です。もし、もう一度吸ってしまったら、出来るだけ早く、もう一度タバコをやめましょう。健康のためにもあきらめずに頑張って下さい。タバコを吸わない練習を何度か繰り返すと、ついには タバコと縁が切れる時期が必ずやってきます。


 

禁煙とタバコ依存症について

喫煙はさまざまな疾患のリスクファクターとなっており、その主たる疾患である肺がんや虚血性心疾患の死亡率は年々上昇を見ています。


WHOでは喫煙を「病気の原因のなかで予防できる最大にして単一の原因」として禁煙活動を強カに推進していますが、他の先進諸国に比較して日本ではまだまだ喫煙率が高いというのが現状です。禁煙をしても長く続かず、すぐにタバコを吸ってしまうというのはよく間く話です。実際、喫煙者の60%以上が一度は禁煙を試みているのですが、実際に禁煙に成功した人は約11%といわれています。「やめたくともやめられない」「やめなければならないのにやめられない」これが多くの喫煙者の現状なのです。

 

 

なぜ禁煙は困難なのでしょうか?

従来の考え方では、喫煙は単なる習慣で、本人の「意志」の間題であるというものでした。しかし最近の研究では、タバコがやめられないのは心理的依存と、ニコチンに対する身体的依存より成り立つ「依存症の一型」であるという認識に変わってきました。たばこ依存というのはニコチン依存症という薬物依存症の1つだと知ることが禁煙という迷路を抜ける鍵だったのです。

 

どのようにして喫煙は習慣になるでしょうか?

最初は好奇心からや、人からすすめられてたばこを吸ってみるという人が多いようです。ある調査では、50%以上の人が初めて喫煙したのは高校生時代と答えています。その動機の多くは「好奇心」からで、次いで「なんとなく」「つき合い」などとなっています。

ちょっとしたきっかけで始まった喫煙習慣が、その動作を楽しむようになり、ちょっとした息抜きや不安・イライラの解消のために吸うようになってきます。さらに進むとタバコなしではものごとに集中できなくなってきます。最後にはまだタバコを吸っているうちに次のたばこに火をつけるようになってしまいます。

 

たばこの離脱症状

たばこ依存はニコチンによる薬物依存症です。禁煙によりそこから離脱する際にはさまざまな心理的、生理的な症状が現れます。これらの症状を離脱症状といいます。しかし、これらの症状はタバコを吸うことで消失するため、禁煙が困難となっているのです。


ニコチン離脱症状

  • ニコチンへの渇望・落ち着きの無さ・集中困難・欲求不満・怒り
  • 抑うつ、不快・食欲亢進または体重増加・不安・不眠・徐脈


よく「タバコをすうと落ち着く」というのを聞きます。しかしそれは、「タバコを吸わないと落ち着けない」ということを意味しており、すでにタバコ依存症の症状なのです。


タバコをやめるのは難しいと思っている人が多いと思いますが、実は意外と簡単なのです。難しいのは禁煙を続けることであって、タバコをやめることではないのです。特に何度も禁煙に失敗している方、『禁煙セラピー』を読んでもやめられないという方にはお勧めです。


あなたは少なからずタバコをやめたいと思っている人だと思います。おそらく今までに何回か禁煙の経験があり、『これでタバコがやめられる』というたぐいの本をすでに何冊か持っているかもしれません。また、『禁煙』関係のホームページを沢山訪ねているはずです。それにもかかわらず、あなたはタバコをやめることができなかったはずです。もし、あなたがすでにタバコをやめることができたとしたらこのホームページにたどり着くことはないはずですから。しかし、ご安心下さい。あなたのタバコをやめたいという気持ちが確かなら、今度こそあなたはタバコをやめることが出来ます。しかも、このホームページのタイトルのように『禁煙せずにタバコをやめる』ことが出来ます。禁断症状もありませんし、吸いたいのをガマンするストレスもありません。なぜなら、この『禁煙せずにタバコをやめる』という方法は、今までに、ほとんど紹介されていないにもかかわらず、私も含めてタバコをすでにやめた多くの人が知らず知らずのうちに行った実績のある方法なのです。