動脈硬化を評価する検査(FMD検査)

当院では初期の動脈硬化を血管の内皮機能を評価するFMD検査を始めました。

血管内皮機能と動脈硬化 
現在、心臓病や脳卒中で亡くなる方は、がんの死亡者数とほぼ同じです。
そして心臓病や脳卒中のほとんどは、血管がダメージを受け、動脈硬化が進行することが原因とされています。
この動脈硬化は、血管内皮機能が低下することにより発生することが近年の研究により明らかになってきました。
わたしたちの血管の一番内側にある血管内皮細胞は、血管を健康に保つために重要な役割を持っています。
しかしこの血管内皮細胞が障害され、血管を健康に保つためのバランスが崩れてしまうと、血管の壁が厚くなったり、硬くなってしまいます。この状態が動脈硬化です。
動脈硬化は自覚症状がなく進行してしまうため、手遅れにならないよう早期発見することが重要な鍵となるのです。
動脈硬化画像1


FMD検査とは
FMDとは、Flow Mediated Dilation の略で、日本語で血流依存性血管拡張反応といいます。
FMD 検査は腕を圧迫、開放後にどれだけ動脈が拡張するかを超音波エコーでみる検査です。
血管内皮機能が低下していると広がりが悪くなります。
検査の実際1測定中

FMD値が大きいほど健康でイキイキとした血管ということになります。
健常値の目安は6% 以上で、5% 未満で血管内皮機能障害が疑われます。


検査結果画像