宮城 征四郎 先生

宮城征四郎

宮城征四郎(みやぎ せいしろう)先生


昭和44年京都大学大学院修了後、欧州・アメリカなどに留学され、呼吸器科診療に新しい手法を導入。

在宅酸素療法を日本で開始。日本を代表する呼吸器科の権威です。

平成15年県立中部病院病院長退職後、医師を教育する群星沖縄研修センター長就任。

2017年群星沖縄臨床研修センター退職後、当院にて週2回診療致します。