小児の睡眠時無呼吸症候群という病気をご存じでしょうか?
小児期は心身の成長・発達が最も活発な時期のためとても大切です。小児は成長・発達が著しい反面、障害を受けやすく、成長も未発達です。この時期発症する睡眠時無呼吸症候群や生活習慣の影響が後々小児の人格形成や健康状態に大きく影響を及ぼします。

 睡眠の大きな役目は疲労回復と言われています。特に小児の睡眠はきわめて重要な生活の一部分を占めており小児は成長・発達するために、必要なものを吸収合成する一方で不必要なものを排泄するために成長が著しく、月齢の少ない乳児ほど長時間の眠りを必要とします。 
小児の睡眠呼吸障害、いびきをおこす代表的な疾患として
アデノイド・口蓋扁桃肥大があります。咽頭扁桃は3-6歳、口蓋扁桃は5-7歳で最大となり学童期後半に次第に退縮します。扁桃の程度、経過は個人差がありますが成人期まで肥大が持続することもあります。好発年齢は2-6歳頃で成長・発達の時期に関係していると言えます。
高度に口蓋扁桃が肥大していても睡眠時呼吸障害とは限りません。この場合、咽頭正中で口蓋扁桃が接してもその後方には鼻からの気道が確保されているからです。しかし咽頭扁桃増殖(アデノイド)では、鼻呼吸が直接に制限され睡眠時呼吸障害が生じてしまいます。特に乳幼児では、上気道断面積、呼吸予備能が小さく、解剖学的にも口呼吸が制限されているので、アデノイドは重大な呼吸障害をもたらします。

診断に必要な診断上の要点と検査
鼻呼吸障害が長期間にわたると、顔面筋は弛緩して口を半ば開き、下口唇下垂、鼻唇溝消失、門歯の突出といったアデノイド顔貌を呈し、重症例では荒い呼吸音が覚醒時にも聴取される。開口すると肥大した口蓋扁桃と、口蓋垂後方にアデノイド下端を認めます。

乳幼児は鼻呼吸が大切
哺乳運動の説明を参考にすると理解しやすくなります。安静時に正常新生児では、舌は口腔粘膜のほとんどの部位と接触しています。下顎は上顎に比べて後方に引っ込んでおり、軟口蓋が喉頭蓋と近接しています。吸啜は下顎と舌のリズミカルな協調運動によっておこなわれています。舌後方部分は、ローラー様の動きで乳汁を咽頭に送っています。このとき乳汁が流れ込まないように喉頭は上方に移動するが、喉頭蓋は気道を塞がず、鼻腔との交通を確保したままの状態です。

 以上のように、
乳児では鼻呼吸しながら、同時に哺乳運動が可能である。しかし、このような解剖学的特徴のために、鼻閉の際には口腔をバイパス路として使用するのが困難となります。鼻閉があっても、覚醒時であれば意識的に口を通して呼吸ができます。しかし、睡眠時にはそのような意識的な代償がなされず、鼻閉があっても無意識に鼻呼吸しようとして呼吸障害となってしまいます。乳幼児や小児で鼻呼吸障害をおこす代表的疾患は扁桃肥大です。扁桃は母体からの免疫が薄れる1歳過ぎから、リンパの数や大きさを増し生理的肥大を示します。


小児の睡眠時無呼吸症候群の多くは、閉塞性睡眠時無呼吸!
いびきはアデノイドや扁桃腺の肥大によって鼻から肺までの気道が狭くなり、呼吸にともなって発生する雑音です。起きているときは鼻がつまっていても口で呼吸がすることが出来ますが、睡眠中は無意識に鼻で呼吸しようとするためにいびきや無呼吸が起こってしまいます。副鼻腔炎・鼻中隔湾曲症・アレルギー性鼻炎など鼻呼吸の障害で鼻づまりのある方にもいびきが多くみられます。睡眠時呼吸障害(無呼吸)の合併は、予備能が小さい乳幼児や小児にとって重篤な障害となり突然死の原因となることがあります。とくに鼻呼吸が重要である小児の解剖学的特徴を理解した上で、適切に睡眠呼吸障害を診断・治療することが大切です。


小児の睡眠時無呼吸症候群の症状
いびき、のどの渇き、倦怠感、頭痛、就寝・起床時間の遅延、寝起きが悪い、長時間の昼寝、夜間の体動、覚醒、集中力の欠如、学力低下などが起こったりします。また、睡眠リズムが崩れ昼と夜が逆転してしまい不登校を引き起こし、落ち着きがない、多動、人格変化(攻撃的、内向的になる)など異常行動を引き起こしてしまう場合もあります。
また、睡眠呼吸障害が長期間続いた重症例では、睡眠時の胸腔陰圧増大による肺性心、胸郭変形(漏斗胸・鳩胸)などが生じる場合や乳幼児突然死症候群での死亡。慢性的な低酸素に伴う精神遅滞、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌障害に伴う低身長、肥満、抗利尿ホルモン分泌障害による夜尿など小児の成長・発達に大きな影響を及ぼします。
あなたの周りのお子さんの睡眠状況をよく観察してみて下さい。
このような症状がいくつか思い当たるようならば一度、耳鼻科咽喉科や睡眠障害の専門医での相談・検査をおすすめします。当院でも検査は出来ます。

 睡眠時呼吸障害の正確な診断には睡眠脳波、眼球運動、心電図、鼻+口の気流量、 胸腹運動等を記録する終夜睡眠検査が必要です。簡易検査として、睡眠中の呼吸状況をビデオ記録すると良いでしょう。小児では胸壁が柔らかいので、上気道狭窄による換気障害は陥没呼吸として観察されます。呼吸障害のひどい時期に、前胸壁をはだけた状態で5−10分間ほどのビデオ記録をしてもらうと、保護者や耳鼻科医の理解を得るのにも有用です。
Back