呼吸器外来

こんな症状はありませんか?

  • 痰がらみの咳
  • 空咳
  • 咳が長引いている
  • 咳で眠れない
  • 少しの動作で息切れする
  • 息を吸うと胸が痛む
  • ゼイゼイ・ヒューヒューと聞こえる
  • 痰が多い
  • 痰に血が混ざる
それは単なる風邪か?もしかすると喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)かもしれません。
呼吸に関する症状はQOL(生活の質)を下げてしまいます。
当クリニックでは『呼吸』に関連する病気を専門的に診察しています。

 

主な呼吸器疾患

喘息

発作性の呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す、気道に慢性的な炎症を起こします。
喘息の治療は発作のときに症状をしずめることではなく、発作がおこらないようになり、健康な人と変わらない生活を送れるようになることが治療の目標です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。
タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の疾患です。
COPDが進行すると呼吸困難の症状により、運動能力やQOLが低下します。
病気を早期に発見して治療を続ければ、症状を和らげたり、病気の進行を抑制することが可能です。

 

診療内容

  • 必要に応じて、検査、点滴・吸入薬治療を行います。
  • CT・MRI検査などが必要な場合は病診連携をとっている浦添総合病院などで検査を受けてもらいます。
  • 在宅酸素療法が必要な患者への対応も行っております。
  • 訪問診療・訪問看護への連携も行っております。
在宅酸素療法(HOT)

呼吸不全やCOPDなどが原因で、肺の機能が低下し体に必要な酸素が取り込めない人が自宅で酸素吸入器を利用して酸素供給をする治療のことです。

 

吸入薬療法

多種類ある吸入薬から患者の年齢・症状に合わせた薬を選択し、医師・看護師・薬剤師が統一した吸入指導を行っております。

 

検査内容

  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • 肺機能検査
  • 心電図検査
  • 超音波検査

など