甲状腺外来

こんな症状や思い当たることはありませんか?

  • 甲状腺が腫れている
  • 甲状腺付近に痛みがある
  • 動悸がする
  • 家族に甲状腺の病気の人がいる
  • 妊娠・出産後から体調が悪い
  • 不妊症
  • 手が震える
  • 声がかすれる
  • 疲れやすい
甲状腺は、のど仏よりも少し下にある3~4cmほどの臓器で、甲状腺ホルモンをつくり身体のエネルギーを調整しています。
ホルモンバランスが崩れると色々な症状が現れます。妊娠や胎児への影響があることもあります。
また、腫瘍(良性・悪性)ができやすい臓器のひとつです。

 

主な甲状腺疾患

バセドウ病

動悸、息切れ、疲労感、手の震え、食欲増加、体重減少、汗かきなどの症状があります。
不妊症・流産の原因になります。
20~30代に発症が多く、ほとんどの人に持続的な動悸や手の震えが現れます。
内服薬・放射線治療、甲状腺摘出術のいずれかにより症状は改善し安定した生活が送れます。

橋本病(別名:慢性甲状腺炎)

疲れやすい、動作が緩慢、体重増加、かすれ声、脱毛、生理不順などの症状があります。
不妊症や流産の原因になることや妊娠中の胎児に影響を及ぼす事があります。
40~50代に発症が多いため、更年期症状と間違われやすい病気です。
甲状腺ホルモン薬内服で症状は改善し安定した生活が送れます。

亜急性甲状腺炎

首の痛みや高熱を認め、一時的なホルモン増加の症状が出る事もあります。
内服薬で対処し炎症が治まるのを待ちます。

甲状腺腫瘍

多くは痛みを伴わず偶然見つかることが多いのですが、急な痛みや腫れで見つかることもあります。
手術や放射線治療の必要に応じて他病院への紹介を行います。

診療内容

定期的に血液検査などを行い、その結果に基づいて必要な治療を行っております。
手術が必要な場合等は病診連携をとっている浦添総合病院やご希望される病院への紹介も行っております。

 

検査内容

  • 血液検査
  • 心電図検査
  • 甲状腺エコー検査
  • 甲状腺穿刺吸引細胞診検査